桜井 志朗

新旧の取り組みから”より良いもの”を選択し、
安全かつ高品質な施工を目指す。


空衛工事部 / 2018入社

桜井 志朗 Sakurai Shiro

Q1.自己紹介をお願いします

TAKイーヴァックを志望したのは、竹中工務店グループとして「建物」と「機械設備」に関われる点が魅力だと感じたからです。

私は2018年4月に入社し、現在3年目を迎えています。
高校時代は工業高校の機械制御科で学びました。その後大学へ進学し、工学部・機械知能工学科で主に機械のシステム構築や障害者用のロボットについて研究しました。
TAKイーヴァックを志望したのは竹中工務店グループとして機械設備に関われる点が魅力に思えたからです。就職活動中に「建物」に関わる仕事がしたいと思い、機械系でも携われる職種を探したところ「建築設備」の職種を見つけ、志望しました。
入社後は東京本店・空衛工事部に配属され、現在も同部署に勤務しています。

Q2.所属の部署の仕事内容について教えてください

仕事内容は、建物の空調設備と衛生設備の新設・改修の施工管理です。どの工事も同じやり方で仕事を進めることは殆どありません。

空衛工事部の仕事内容は、新築や既存の建物の空調設備(エアコンや換気送風機など)と、衛生設備(水回り、トイレなど)の新設・改修を行うことです。工事の管理や図面作成、工程調整などを施工管理の【QCDSE】の項目に沿って行います。
私達の仕事で重要なのは「いかに相手に理解してもらえるか」ということです。例えば作業員の方に安全に効率よく作業してもらうために、他の業者との兼ね合いを考慮したり施工スペースを確保したりということを行いますが、そのためにはゼネコンなどのお客様や上長にも根拠を持って説明する必要があります。
また建築は全て「一点もの」。どの工事でも同じやり方でということはほとんどありません。その中で「どう施工方法を決めていくか」という技術面の管理も、安全かつ高品質な施工のために非常に重要となっています。

Q3.TAKイーヴァックだからこそのやりがい、又は難しい事はありますか?

計画通りに施工が進んだときは、達成感も大きく自然と気分が昂ります。

仕事の大きなやりがいは「計画通りに施工が進んだとき」。とても気持ちがいいです。達成感も大きく自然と気分が昂りますし、次も頑張ろうという意欲にも繋がります。
TAKイーヴァックは働き方改革や施工技術などの面で同業他社よりも新しい取り組みが多いように感じています。当社では新旧の取り組みから「より良いもの」を選択しながら物事を進めることができます。特に施工の最先端を経験できるのは竹中工務店グループならではの強みだと思います。
ただ、業務の特性上どうしても仕事量が減らないという現実もあり、これに関しては当社だけの問題ではないため難しさを感じています。

Q4.TAKイーヴァックを志望する将来の仲間にメッセージを

「働き方」と「最先端技術」の両面から【建設業の仕事をどう変えていくか】一緒に考えていきましょう!

建設業界では待遇や働き方などが改善しつつありますが、まだまだ仕事量が減っているわけではないので入社後は忙しいかもしれません。でもTAKイーヴァックには若い力が結集しつつあり、働き方改革に対しても会社と社員双方が積極的に取り組んでいます。
ただ仕事をこなすだけではなく「働き方」と「最先端技術」の両面から【建設業の仕事をどう変えていくか】一緒に考えていきましょう!